特に、出会い系サイトの会員としてもうずいぶんと長い間居座り続けていて、

その間にもさっぱりかんばしい結果が得られなかった人、4rDH7

そういう人をここではサイト難民と言いましょうか、仮にね。

そういう人たちの心のなかには、

いくらその人自身がおおらかな人であるとはいえ、

さすがにあせりの感情が渦巻いてきます。

ぶっちゃけていいのか分かりませんが、

怒られるのを覚悟の上でぶっちゃけると

「もう出会えるならだれでもいいや」

みたいな気分になってしまうのです。

ですが、忍耐を切らしてやけくそになってしまうのは、

いくらサイトのアクションに対して反応がないという状況ですら、

逆効果にしかなりません。

うまくいかないときこそ、落ち着いて我が身を振り返る必要があります。

どこかに必ず、うまくいかない原因というものがあるはずなのです。

もちろん、うまい具合に巡り合いのチャンスがやってこない原因の一つには、

少なからず「運」というものがあります。2Zh4k3A1urM

これは仕方のないことです。

ひたすら耐えていくしかないのです。

ですが、運以外の要素で改善できるところはいくらでもあります。

例えば、自分にとっての出会いの対象を見極めて、

しっかりとターゲットを絞ること。

自分が愛人を募集しているのであれば、

同じく愛人を求めているという人にターゲットを絞って、

出会いを積極的に求めていくべきなのです。3JfjgebBxhG

愛人契約

愛人契約。この言葉は男性だけに与えられたものではありません。愛人契約とは、裕福な男性が自分の家とは別にアパートなどを借りて、愛人である「若い」女性を住まわせてやるような行いです。男性は会いたい時にそのアパートへ出向き、女性と戯れます。お金で女性を自分の近くに囲っておく。なんともバブリーな匂いがしますね。

愛人契約する女性は、男性に恋愛感情を抱いていません。中には抱いている女性もいるでしょうが、ごく少数でしょう。女性は働くことなく男性から住家を与えられ、生活費等を受け取ります。ただそこにいて、たまに男性の相手をしてあげるだけで良いのです。契約を結びたがる女性も多くいるでしょう。

現在でこそこうした契約も廃れてきましたが、逆援助交際の世界では愛人契約が存在します。逆援助交際とは、女性がお金で男性を買う事です。大体は一日だけの関係で終わるのが、逆援助のルールなのですが、愛人契約で継続的に1人の男性と付き合う女性がいます。

この契約は月単位で男性に高額な報酬を与えます。色んなパターンがあると思いますが、こうした契約がメジャーではないでしょうか。毎回別の男性と出会うよりも、1人の男性の方が会うのも楽ですから、愛人契約が増えるのも当たり前でしょう。今後も逆援助の世界では、愛人契約を結ぶ女性達は多くなっていくでしょう。男性は様々な女性と楽しみたいものですが、女性はこうした世界でも1人の男性と長く付き合いたいと考えるのですね。